ご臨終から始まる葬儀相談

打ち合わせのタイミング

葬儀会場

柏原の病院でご臨終を迎えられますと、まず病院ではご遺体を病室から安置所へと移動させます。
しばらくそこに置かれますが、これは一時的なもので、すぐに病院で精算を済ませて死亡通知書を受け取り、ご遺体を引き取らないといけません。
ご自身の自家用車でご遺体を自宅まで連れて帰ることも可能ですが、一般的には搬送を請け負ってくれる業者に依頼します。
この時、病院から業者を紹介してもらう事も多くあります。
事前に自分で調べていれば、そこに依頼してもいいです。
ご遺体の搬送を請け負うのはだいたいは葬式の行う葬儀社です。
柏原に斎場を持っている葬儀社であれば、このままの流れで自宅に戻らず葬儀社の安置所へ搬送してもらうという事もあります。
しかし、ご臨終の直後で頭も混乱しているところで葬儀社のペースで葬式を決めてしまうのはあまりよくありません。
一旦は柏原の自宅搬送までをお願いするというのがよいでしょう。
自宅にご遺体が帰宅されたら、改めて葬式の相談をします。
この時、葬式の段取りは搬送してくれた葬儀社でなくても構いません。
互助会に入っていれば、その葬儀社に連絡すればすぐに柏原近くの斎場の手配から葬式の段取り一式をしてくれます。
互助会に入っていない場合には、柏原近郊の葬儀社に連絡すれば案当社が来てプランの説明をしてくれます。
相見積もりなどを取る余裕はありませんので、ある程度のプラン概要は、事前に知っておいて依頼先の目星を付けておくほうがよいでしょう。

家族葬は小規模葬

葬式

ひっそりと行われるイメージの強い密葬と家族葬ですが、同じものではありません。
しかし、どちらも近親者やごく親しい友人達を中心にして営まれるという点では一致します。
密葬は、周囲に亡くなったことを案内せずに、通夜と葬式、火葬を行います。
まれではあるものの、故人の遺言や何らかの事情があった場合なども密葬が選ばれます。
そして、密葬の後に本葬が行われます。
火葬が済んでお骨になっているため、故人の姿を見ることはできません。
本葬は後日一般会葬者を招き行われますが、近年では葬式というより、お別れの会や偲ぶ会などと銘打ち、故人を追悼する会を営むことも柏原においては少なくないです。
内容は、葬式らしい宗教的な作法などはなく、ホテルなどで献花や飲食などを行うのが一般的です。
一方、柏原における家族葬は一般葬を少人数にしたような内容で、小規模葬とも言えます。
ただし、中には本当に身内だけで営む家族葬にすることもあります。
その場合、一般の会葬者は受け付けていないことが多いです。
家族が少なかったり故人が高齢だったりする場合に選ばれることが多く、親しい人達だけでゆっくりとお見送りできることから、柏原でも人気のあるスタイルになっています。
また、柏原では遺族や会葬者の負担を減らすために、通夜を省く家族葬にする場合もあります。
現在は様々な葬式スタイルがあるので、故人の意思も尊重しながら、どういった形で行なうのかを決めていきましょう。

道具や手続きは葬儀社に

合掌

柏原には、病気になった時に自宅療養をし、そのまま自宅で亡くなるという人も多くいます。
自分にとって最も安心できる自宅で、家族に囲まれながら息を引き取ることを希望する人が増えているのです。
そしてそのような人の多くが、葬式も自宅で行うよう遺言を残しています。
自宅は多くの場合、斎場と比較すると狭いため、参列者も必然的に少なめになります。
当然、生前親しかった人が優先的に参列することになります。
つまり故人は、家族を中心とした愛する人々に見送られるということです。
そのためそれを望む人が、自宅で葬式をするようにと、生前に指示を出しているわけです。
ただし個人宅には通常は葬式用の祭壇などはないため、自宅葬ではそれらをレンタルする必要があります。
そして柏原の葬儀社に連絡すれば、必要な道具を一式持ってきてもらえます。
自宅がマンションの高層階などにある場合でも、ドアや窓などの開口部が狭い場合でも、搬入が可能な道具がチョイスされるため安心です。
もちろん葬儀社は、道具を運び込むだけでなく、それらを使った飾りつけや遺体の安置も行います。
また遺族からの要望があれば、死亡届を柏原の役所に提出したり、火葬場の使用許可を得たりといった手続きも行うのです。
そのため自宅葬では遺族は、自宅から一歩も出ることなく、訃報連絡や参列者の対応などに専念できます。
このように柏原では、葬儀社のサポートにより自宅での葬式を比較的手軽に出すことができるのです。